--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/11/26 Wed
稲盛和夫の哲学―人は何のために生きるのか稲盛和夫の哲学―人は何のために生きるのか
(2001/11)
稲盛 和夫

商品詳細を見る


『稲盛和夫の哲学』とタイトルに著者の名前が入っているとおり
一般的な哲学というよりも著者の生きる哲学という感じ。

稲盛和夫氏といえば京セラの創立者として有名だけれど
そんな理工学系の経営者からみた哲学。
以前は科学と精神世界的なものは相容れないと思っていたけれど
やはり最終的にはそこに行き着くのか、と
そう思わずにはいられなかった本。

著者は仏教に在家ながら得度しているということで
(※得度=仏門に入ること)
かなり仏教の教えに即した思想に偏っているため
哲学というより「生き方」、「精神思想」、というほうがしっくりくるかも。

仏教がベースなので当然のごとく輪廻転生についても触れられていて、
そこには人格・品性を高めることがいかに大切であるかが
何度となく書かれている。

また、宇宙の意志という表現や
宇宙の意志には愛が偏在しているという表現は
わたしは別の先生の講義ですでにうかがっていたけれど
普通の人だったらちょっと違和感があるかもしれないと思った。

哲学書としてではなく
仏教寄りの生き方教本として読むにはいい本だと思う。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 人間はもちろんのこと、森羅万象、あらゆるものに存在する理由がある。
■ 人間は「地球全体のことを思うこと」ができる唯一の生きもの。
■ 災難に遭うのは過去につくった業が消えるとき。


★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 心理学・哲学
2008/10/23 Thu
コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術 (FOREST MINI BOOK) (FOREST MINI BOOK) (FOREST MINI BOOK)コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術 (FOREST MINI BOOK) (FOREST MINI BOOK) (FOREST MINI BOOK)
(2008/07/05)
石井 裕之

商品詳細を見る


ニセ占い師などの会話トリックをあばくということで
一躍、注目を浴びるようになった「コールドリーディング」。

わたしもすでに一冊読んでいるのだけれど
実践するのはなかなか難しくて
その総まとめっぽい感じがしたので読んでみた本。

前半はコールドリーディングとは何か、というもの。
心構えだったり、誰にでも当てはまりそうなリーディングをするという
ストックスピールというものについて、具体例を示しながら書かれている。
そしてそのリーディングが外れた場合の対処法についても書かれている。

後半は実践編というか、こうするとわかりやすい、というヒント集。
これも具体例と一緒になっている。

読んでいて「なるほど」って納得する部分は多いし
これが使えたら便利だろうなぁ、とも思うのだけれど
なんとなく物足りない。

これはやっぱり実際にセミナーとかで話を聴いてみるしかないのかな。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 優秀な人ほど、自分がしゃべるよりも相手にたくさんしゃべらせている。

■ どんな人にでも当てはまりそうなリーディングをすることで、
  あたかも相手の人生を読み取っているように見せかける手法がストックスピール。

■ 本当に大切なのは、話し方や聞き方、話術といったテクニックではなくて、
  かけがえのないスペシャルなひとりの人間としての相手に
  心から興味をもってあげること。



★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 心理学・哲学
2008/10/20 Mon
愛されてお金持ちになる魔法の言葉―あなたが変わる愛されてお金持ちになる魔法の言葉―あなたが変わる
(2004/05)
佐藤 富雄

商品詳細を見る


ひとことでいってしまうと
「セルフイメージを上げてそれに見合った恋をしよう」
というような内容。

そして、さらに
恋をすると上昇志向が高まるため
そのスパイラルに乗って経済的にも豊かになろう、と。

…ざっくりしすぎ?

でもまぁ、基本的にそんな感じ。

女性が充実したすばらしい人生を送るためには
(すばらしい、という定義は人それぞれだとは思うけれど)
愛情とお金が必要、というのが筆者の考え。
そしてそのためには女性はまず自分の容姿への自信が必要だ、と。

たしかに容姿に自信をもつことで
性格的にもポジティブになれるという意味で
だいじなことだとは思うけれど、それだけっていうのもどうかと。

ポジティブな言葉を使う、とか
自分のことを認めてほめてあげる、とか
お金に対するネガティブなイメージを捨てる、とか
そのあたりは共感。

たとえば失恋などで痛手を負ったときに
自分を勇気付けるために読んだりするのにはいい本かも。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 楽天主義とは、自分で自分を元気づける能力のこと。

■ 「自分の未来はこうなる」と言い切ったとき、
  その未来のイメージが心にくっきりと刻印される。

■ 幸せをかなえる絶対条件は愛と善意。



★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 心理学・哲学
2008/10/03 Fri
図解自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術―人間関係がラクになる自己カウンセリングのすすめ図解自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術―人間関係がラクになる自己カウンセリングのすすめ
(2007/05)
平木 典子

商品詳細を見る


自分も相手も大切にした自己表現の方法である
「アサーション」をわかりやすく解説した本。

アサーティブネスはコミュニケーション・スキルのひとつ。
人間のコミュニケーションタイプを
「アグレッシブ(攻撃的)」・「ノンアサーティブ(非主張的)」・「アサーティブ」
の3つに分けて考えていくなかで
自分の気持ちや考えを相手に伝えながら、相手の配慮もするという
「自他ともに責任をもって自己表現をする」というもの。

対人コミュニケーションについて考えるにあたって
どちらかが攻撃的だと相手は言い負かされたような敗北感を味わうし
逆に非主張的だと、自分が振り回しているような罪悪感を味わう。
そんなバランスの悪さから解き放ってくれるのが
この「アサーティブネス」というコミュニケーション・スキル。

これまでこの「アサーティブネス」についての本は
学術書のようなカタい本ばかりお目にかかっていたのだけれど
この本は見開き1ページで1つのテーマが完結しており
さらにイラストも多様されていてとてもわかりやすい。

自分の意見を主張することが苦手なわたしにとっては
これからのバイブルになるであろう一冊。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 「全般的に非主張的な人」も「全般的に攻撃的な人」も、
  同じ不安定な気持ちを味わっている。

■ どうしようもないと思うのではなく、どうにかできると思うことが、
  危機を乗り切る力と能力を生み出すコツ。

■ 相手の話を聴くという行為は、受身的ではなく、積極的、能動的なこと。



★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 心理学・哲学
2008/09/15 Mon
なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべてなぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
(2005/10/12)
石井 裕之

商品詳細を見る


コールドリーディングという言葉は知っていたものの
それがなんなのかは全然知らずに読んだ。

単純にすごくおもしろかった。

人間の心理がちょっとしたことで揺れてしまうことや
また、それを自然に導くヒントがちりばめられている。
なるほど、と何度もうなずいた。

自分でもいくつか使ってみようと思えるものはあったけれど
同時になかなか実践は難しそうだな、とも思った。
人に信用されるのはテクニック上は簡単そうにみえて
実はそんなに簡単なことではないということかも。

NLP同様、もっと知りたいと思った内容だった。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 人間というのは、無意識レベルで
  お互いの微細な態度の変化を感じあってコミュニケーションしている。

■ ある面が際立っているということは、必ず見えないところで
  その反対の要素が同じ力でバランスを取っているもの。

■ Butには、その前にくるフレーズの力を弱め、
  その次にくるフレーズを強める働きがある。



★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。

 
banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 心理学・哲学

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。