--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/10/14 Tue
おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫)おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫)
(2002/08)
中条 高徳

商品詳細を見る


アメリカの高校へ通う孫娘から届いたのは
戦争のことを教えてほしい、という質問状ともいえる手紙だった。

戦時中、陸軍士官学校に学んだ著者は
その孫娘の長い長い質問にひとつひとつ真摯に答えていく。
そうして語られていく戦争の真実と、著者が抱く日本人論。

本書のなかで何度も語られるのは
「戦争の本当の姿を知ってほしい」という著者の想い。

戦後、GHQによる占領下における日々のなかで
アメリカは日本に対して「カルタゴの平和」を目指した。
しかし、日本の一切を破壊し、皆殺しにすることは許されず
そこでとった方法が「日本人の精神の破壊」だった。

戦後、もう60年以上がたつ。
GHQの占領下として、自治権をもたなかった7年の月日の
10倍近い年月が過ぎようとしている。

にもかかわらず、現在の教育では正しいことが教えられていない。
わたしもこの本を読むまで「日本は悪いことをした」と思っていた。
学校の歴史の授業でも近現代史は深追いしないことが多い。
しかし、この本を読んで、「事実が知りたい」と思うようになった。

わたしは日本人だ。
日本人としての誇りをもちたい。

マレーシアの元上院議員であったラジャー・ダト・ノンチークという人が
本書に掲載されている『日本人よありがとう』という本の序章で
掲載したという一篇の詩が心に残った。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 真の国際人とは、まず何よりも自国のアイデンティティを身にしみこませ、
  自国の公のために身を捧げるという心棒をしっかり備えていることが第一条件。

■ 敗戦で呆然となってしまった日本人は、自信を取り戻す余裕もなく、
  戦争の原因と責任はすべて日本にある、日本が悪かったのだ、
  日本は悪者だと繰り返される宣伝に、
  それと意識しないままにいつしか洗脳された。

■ 自分を自分たらしめているものの基盤は、国民性であり民族性である。



★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 歴史
2008/10/06 Mon
特攻基地知覧 (角川文庫)特攻基地知覧 (角川文庫)
(1973/07)
高木 俊朗

商品詳細を見る


太平洋戦争の戦局が悪化した昭和18年ごろ。
「敵艦体当たり作戦」が決行された。
その特攻の陸軍基地のひとつ、知覧。

戦時中、陸軍報道班員として知覧にいた著者が
当時の回想と
戦後、生き残った関係者への取材をまとめたノンフィクション。

祖国のために、天皇陛下のために命を捧げるという軍国教育。
すでに敗戦を覚悟しながらもそれを隠した軍部。
華々しい戦果の報道を信じ、日本の勝利を信じた国民。

この体当たり攻撃によって
一機をもって一艦を撃沈することができると信じられていた。
しかし実際は、陸軍の爆弾は陸上の戦闘用に作られているため
艦船を撃沈させられる効果は少なかった。

「精神力をもってすれば、必ず敵艦を撃沈し、勝利をおさめることができる」
軍部の主張は、いま考えれば無謀ともいえる精神論だ。
実際、この体当たり攻撃によって沈んだ航空母艦、戦艦、巡洋艦はない。

それを知らされず、死を覚悟して飛び立った若者たちの思い…。

美化された史実。
悲惨醜悪な事実。

18歳くらいから21歳くらいが主な年齢層だったといわれる特攻隊員たち。
なかには血気盛んな軍国少年もいたかもしれないが
死を恐れなかった若者たちばかりではない。

実際、出撃したものの孤島や海に不時着して戻った者もいる。
わざと飛行機が不調となるような飛び方をして戻った者もいる。

歴史の真実をもっときちんと知りたいと思う。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 笑い顔をしたのは、
  そうしなければ、泣き顔になってしまうからだったろう。

■ 生への執着のために悩み苦しんでいた。

■ 祖国を、われわれは死をもって守り通さねばならない。



★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 歴史

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。