--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/09/10 Wed
プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫 あ 60-1)プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月 (新潮文庫 あ 60-1)
(2008/07/29)
有村 朋美

商品詳細を見る


ニューヨーク滞在中につきあっていた恋人はロシアンマフィア。
彼がドラッグディーラーとして逮捕されて
その巻き添えでアメリカで刑務所生活をすることになってしまった
日本人の女の子(当時24歳)の手記。

犯罪の国、アメリカ。
刑務所はまさに「小さな社会」であり、そして「本当のアメリカ」。
多様な人種と個性。
そこにたったひとりの日本人。

普通だったら悲嘆にくれてしまいそうな境遇を
前向きに、むしろエンジョイする姿勢がすごいと思った。

小説でもなく、エッセイというでもなく体験記という形で
本当に多くの個性あふれる登場人物が次々と出てきて
そして、女子刑務所なので、当然みんな女性。

その女性の強さ、弱さ、
そして抱える悩みやせつなさも伝わってくる。

わかりやすい文章で書かれていて
さらに、ものすごくあっけらかんとした感じで書かれている。
自分が逮捕されたのも無実の罪だというのに
「彼がマフィアだと知っていたのだから仕方ない」って
あきらめが早いというか前向きというか。

そんな彼女だからこそ書けた手記なんだろうな、と思う。
あっさりしているからこそ、伝わるものがある。

おもしろいし
いろいろ考えさせられるし
結構オススメ。


* 心に残った3つのフレーズ *

■人間には本当にいろんな人生があって、いろんな悩みがあって、
  誰もが悩みを山ほど胸にためこんで生きてるんだな。

■人種差別も、民族差別も、全部最低だ。
  やられた者の立場にならないと、本当の痛みはわからない。

■人と打ちとけるって案外簡単なんだな。
  自分から心を開けばいいだけなんだ。


★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。

 
banner_02.gif  
 
スポンサーサイト
Category: その他
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。