--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2009/02/25 Wed
デジカメに1000万画素はいらない (講談社現代新書)デジカメに1000万画素はいらない (講談社現代新書)
(2008/10/17)
たくき よしみつ

商品詳細を見る


最近は携帯電話のカメラでさえ500万画素を越えている。
何年か前はデジカメでさえ
せいぜい200万画素くらいだったのに。

携帯電話で撮る写真はプリントをするわけでもなく
そのまま携帯に保存して待ち受けにしたりするか
メールに添付して誰かに送るか
あとはブログにアップするぐらいなものだと思うのだけれど
それで500万画素なんて絶対にいらない。

…というのは新しいデジカメが出るたびに思うこと。

そしてこの本のタイトル。
「デジカメに1000万画素はいらない」って、
たしかにそう!必要ない!と思わずにはいられない。

商業ポスターなどでA2サイズくらいにプリントするならともかく
そんなサイズにプリントすることなんてありえない。
プリントすること自体がめずらしいくらいだし。

わたしはデジタル一眼レフを使っているけれど
この本を読んでいたらコンパクトデジカメが恋しくなってきた。
しかもちょっと昔の画素数がそんなに大きくないやつ。

そういえば、レンズ部分と液晶部分が回転するようになっていて
液晶を見ながらいろんなアングルで撮れたカメラが
今はまったく見なくなってしまったことにも気づかされた。
たしかにあれは便利だったんだけどなぁ。

画素数が大きい=画質がきれい、というわけではないことを
もっともっと知ってもらいたい。

初心者向けの本のようでありながら
専門用語がたくさん出てくるので
どちらかというとある程度の知識のある人向けかも。


★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: 実用書
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。