--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2009/01/04 Sun
おしゃれの視線 (新潮文庫)おしゃれの視線 (新潮文庫)
(1997/10)
光野 桃

商品詳細を見る


もう何年も前に買って衝撃を受けたエッセイ。
当時は気づかなかったけれど
どうやら『ヴァンテーヌ』という雑誌に連載されていたものらしい。
(ちなみにこの雑誌は大好きだったが残念ながら休刊になってしまった)

女性誌の編集者として仕事をし
イタリアのミラノに住んで生活をし
そこで得たものを糧に帰国後はファッション誌にエッセイを書き・・・

その経歴が物語るように
エッセイの内容もとてもイタリア的。
著者のイタリアでの生活を描いたエッセイの数々は
タイトルも文章も表現もすべてにおいて繊細で美しくて視覚的。

エッセイを読んで、ジュエリーが肌に馴染む女になろうと思い
翌日すぐに本真珠のピアスを買いにデパートに行き
それから毎日同じピアスをつけ続けたり
(そのピアスは片方なくしてしまい、今はひとつだけ大切にしまってある)
このエッセイから受けた影響はとても大きい。

古いものを大切にすること、
自分というものをわきまえること、
大切なものを見極めること。

エッセイの中でイタリア的だと書かれていることは
本来、日本の得意分野ではなかったのかとも思えてくる。

これからも何度も読み返して
自分のスタイルを築いていきたいと思える大切な一冊。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 幾つになっても女は可愛くなくっちゃね。
■ 私にとってイヤリングをつけることは、
  朝起きて服を着たり、髪をとかすことと同じことなの。
■ おしゃれへの近道、それはまず視線を自分の内に向けること。


★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: 自分の在り方
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。