--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/12/22 Mon
LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉
(2001/02)
高橋 歩

商品詳細を見る


何年か前から書店で見かけていた本。
本の帯には「放浪しちゃえば?」の言葉。

当時20代だった高橋歩さんが奥さんと二人で世界中を旅した記録。
その写真も著者本人が撮ったという。

その言葉はエッセイというよりも詩に近くて
そして飾り気のあまりない、むしろ無骨な印象さえある。
まさに若者の等身大の言葉。

この本が多くの若者に支持されているのもわかる。
きっとみんな、この本の中に「セイシュン」を感じているんだろう。
そしてそこに「ジョウネツ」を感じているんだろう。

きっと高橋歩さんが好きだという人の多くは
自分の中になんらかのビジョンを持っていたり
実現したい何かを抱えていたり
アツい情熱を秘めている人が多いんじゃないかと思う。

わたしのまわりでは、10代後半から20代前半くらいの人に
高橋歩ファンが多いような気がするのだけれど
実際の年齢はともかくとして
そういう「何かを追い求める情熱」をもっている人は
この言葉に感じるものが多いんじゃないかと思う。

そういうわたし自身は、なんだかこの本がしっくりこない。
素敵だとは思うのだけれど。

もしかしたら、いつのまにかちょっとだけ大人になってしまったのかもしれない。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 愛の表現方法に、ルールなんてない。
■ 「大切な誰か」のために始めた小さなことが、
  結果として大きな世界をHAPPYにしていくことになる。
■ 自由を求めることなく、自由を叫ぶことなく、さりげなく、自由に生きればいい。


★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: エッセイ
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。