--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/10/28 Tue
ひめゆりの塔をめぐる人々の手記 (角川文庫)ひめゆりの塔をめぐる人々の手記 (角川文庫)
(1995/03)
仲宗根 政善

商品詳細を見る


太平洋戦争末期の沖縄戦。
そこで看護要員として戦争の歴史に名を残した
「ひめゆり学徒隊」をめぐる手記。

この本が最初に出版されたのは昭和57年。
終戦から30年以上がたって
伝えられる戦争は美化され、伝説化されようとしていた。

その傾向は戦後60年以上がたった今、
さらに顕著になっていくように思う。

著者は沖縄師範学校女子部の教授として
ひめゆり学徒隊を引率した数少ない「生き証人」。
そんな著者の手記や奇跡的に命をとりとめた女学生たちの手記は
生々しく、残酷で、そして友情や師弟の絆は驚くほど強い。

戦争という非常事態でも友達を気づかい、助け、
そして恩師を敬い、慕う。
現代では考えられないほどの強固な絆に愕然とさえする。

16歳から20歳までという若い女子学生。
彼女たちの命の存在をわたしたちは忘れてはならない。

そして、その犠牲のもとに現代の平和があることを忘れてはならないと思う。


* 心に刻んでおきたい言葉 *

■ 戦争体験が風化するにつれて、平和は遠ざかって行く。



★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: 歴史
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。