--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/10/17 Fri
考具―考えるための道具、持っていますか?考具―考えるための道具、持っていますか?
(2003/03)
加藤 昌治

商品詳細を見る


これ、すごい。
読んでてものすごくワクワクした。
おもしろかった。
「考える」ってすごい!って思った。

簡単にいえば、「アイデアを出す」「考える」方法の本。
でも、企画書を書くための本ではない。
「企画屋になる」ための本。

そもそも考えるとはなんなのか?にはじまり、
情報をインプットするヒントがいくつか並ぶ。
(カラーバス、聞き耳を立てる、ちょいメモ、フォトリーディングなど)
そして今度はアイデアを拡げるヒント。
(アイデアスケッチ、マンダラート、マインドマップ、連想ゲームなど)
そして最後に、アイデアを企画に収束させるヒント。

読んでいたら、やりたいことがいっぱい見えてきた。
(アイデアが見えたわけではないのが悲しいところ)

もちろん全部はできないけれど
まずは気になったマンダラートをやってみようかな。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 拡げて絞って、また拡げて絞る。

■ アイデアのネタとアイデアは別物。

■ 手書きがアイデアの基本。



★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: 考え方
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。