--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/10/15 Wed
名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 (日経ビジネス人文庫 ブルー す 4-1)名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 (日経ビジネス人文庫 ブルー す 4-1)
(2008/07)
鈴木 康之

商品詳細を見る


ベテランコピーライターが書いた
「読ませる文章」にというか、端的に「コピー」の本。

コピーは商品の説明文。
そして商品に目を向けてもらうための「入口」。
商品のイメージそのものになってしまうことさえある。

名コピーといわれる実例を取り上げて
そのすばらしさなどを論理的に解説している本。
文章の書き方というよりも解説に近い。

広告やコピーライティングには昔から興味があったけれど
センスだけではなく、計算された美学というか
そういう論理性や仕掛けにびっくりした。

最近は広告業界も紙媒体からweb媒体に移っているらしい。
web媒体はスピードやインパクトが勝負になるので
この本に載っているような味のあるコピーが生まれるチャンスは
どんどん少なくなってくるのかもしれない。

そう思うと残念でならない。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 「今年は会おうよ」ってたしか去年も書いたよな。
  (日本郵政公社・年賀状コピー)

■ 祝日が土曜に重なったときも、振替休日にすべきだと思う。
  (楽天トラベル・コピー)

■ 書き直しなさい。文章を書くとは、書き直すことです。
  書き直していけば、どんどんいい文章になります。



★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: その他
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。