--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2007/01/26 Fri
王妃マリー・アントワネット (上巻) (新潮文庫)王妃マリー・アントワネット (上巻) (新潮文庫)
(1985/03)
遠藤 周作

商品詳細を見る


マリー・アントワネットといえば、ベルサイユのばら。
フランス革命といえば、ベルサイユのばら。

小学生のころにテレビで再放送していたアニメと
それに影響されて繰り返し読んだマンガのおかげで
マリー・アントワネットについてはベルばらでの情報しか知らず
でも映画にもなるし…ということで読んでみた本。

ベルばらはフィクションだから
どれだけちがうのだろうと思いながら読んだけれど
登場人物も出来事もわりとなじみ深い。
フェルゼンとか、ポリニャック伯婦人とかロアン大司教とか。
さすがにオスカルは出てこないけど。

おバカなわたしには
どこまでが事実でどこまでがフィクションなんだか…。

アントワネットは無知だったと思うけど
それは彼女の生い立ちや環境も大きく影響していて
その教育環境は現代にも通じるのかな、と思ってみたり。
子供に対する過剰な保護や甘やかしは
彼女のような無知でわがままな人間を増やすかも。

下巻も楽しみ。

★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。

 
banner_02.gif  
 
スポンサーサイト
Category: 小説
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。