--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/09/18 Thu
東京タワー (新潮文庫)東京タワー (新潮文庫)
(2006/02)
江國 香織

商品詳細を見る


何年か前に映画化された作品。
たしか主人公は黒木瞳さんと岡田准一くん。

大学生の男の子と結婚している女性の恋愛物語。
でも、ここの登場する年上の女性を「人妻」と表現してしまうのは
なんだかちょっとちがう気がする。

普段の生活とは切り離されたリアリティのない風景。
著者独特の詩的で美しい描写。
不倫という言葉で片付けてしまうのは気が引けてしまうほど
純粋で透明感のある作品。

映画は観ていないからわからないけれど
小説では2組の同じようなカップル(大学生&年上女性)が登場して
その対比もまたそれぞれを印象付けている。

これまで読んできた江國香織さんの作品は
もっともっとリアリティーから離れていて
(もともと童話作家からのスタートだという影響もあるかもしれないけれど)
この作品はちょっと雰囲気がちがうといえばちがうけれど
それでもやはり、すごく透明感が残る作品。

エンディングがかなり唐突ではあるけれど
それはそれで強い余韻が心の中に残された。


* 心に残ったセリフ *

「人と人とはね、たぶん空気で惹かれあうんだと思う」



★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: 小説
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。