--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/09/16 Tue
「自分」から自由になる沈黙入門「自分」から自由になる沈黙入門
(2008/03)
小池 龍之介

商品詳細を見る


仏教というか禅をベースにした本。
「自分」というものからみずからを解放することで
もっとラクにシンプルに生きるヒントが書かれている。

…が。

シンプルに書かれているはずなのに
わたしにはなかなか理解できない部分もあったりして
何度も同じ部分を読み返すことたびたび。

ここ最近、当たり前のようにいわれている
「自分を大切にしよう」ということとは逆のことが書かれている。
すなわち、「自分を薄めよう」。
新鮮でありながら、納得する部分も多い。

投げやり的なことも書かれているけれど、いいことも書かれている。
それと関係するのかなんなのかはわからないけれど、なぜか眠くなる。

読みながら5回くらい寝た。
なぜ。
こんなに1冊の本を読みながら寝てしまったのははじめて。

イラストがかわいくて
すごく簡単な内容なのかと思いきや
実は内容そのものは結構高度なものなのではないかと思う。
専門用語も出てくるし。(ちゃんと説明されてるけど)

僧である著者が語り手となっているのだけれど
独特の文体がユーモアを誘う。

後半に瞑想の方法が簡単に紹介されていて
これはぜひ実践してみたいと思った。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 自分への執着を薄める副作用として、
  人間関係が改善したり、良縁に恵まれたりする。

■ ゆっくり話すということの中には、
  ごく自然に、欲望を封印する作用が働いている。

■ 感情への集中力あるいは観察力を養っていないから、
  感情は恥ずかしげもなく猛威をふるう。



★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。

 
banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: 自分の在り方
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。