--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2007/06/25 Mon
宿命 (講談社文庫)宿命 (講談社文庫)
(1993/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ストーリーの真ん中にあるのはひとつの殺人事件。
その事件とつながりながら
ひも解かれていくもうひとつの「真相」。

この作品のあとに書かれたという『変身』を
だいぶ前に読んでいたのだけれど
そのせいもあって、なんとなく展開は想像できたかも。
でもちょっと強引な印象。

殺人事件がど真ん中に居座りすぎていて
特に中盤では肝心な部分が薄まっている気がする。
最後の最後の詰め込みかたが雑な気もする。

東野作品は大抵、心を強く動かされるシーンがあるけど
この作品にはそういう場面がなかったような気が。
ほかの作品に比べて退屈感は否めないし。

でも、このタイトルをみると
ふとよみがえってくるシーンがあるから不思議。

★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。

 
banner_02.gif  
 
スポンサーサイト
Category: 小説
2007/06/19 Tue
ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫 し 50-3)ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫 し 50-3)
(2007/03)
柴田 よしき

商品詳細を見る


仕事に疲れたとき、タイトルに惹かれて読んでみた。
なんとなく、元気になれそうな気がして。

その予感はいい感じで当たったと思う。
結構リアルでテンポもよくておもしろかった。

女性が働くということは
男性が働くのとはやっぱりちがうことで
面倒くさいこともいろいろあるけど
それでもおもしろいこともいっぱいあるよね、って
読んだ後は自然とそんなふうに思えた。

がんばろうって思った。

同時に旅行に行きたくなった。

★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。

 
banner_02.gif  
 
Category: 小説
2007/06/13 Wed
重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
(2006/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


評判がよさそうだったので読んでみたものの
なんというか、わたしには相性が合わなかったかも。

レビューを見ても絶賛するひとが多いけど
感情移入もできなければのめり込むこともなく。
淡々としすぎ?
そのあたりが現代っぽいといえば現代っぽいのかも。
ミステリーというよりファンタジー?
(ちなみにわたしはファンタジーが苦手)

正直、よくわからなかった。

…わたし、バカなのかも。

★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。

 
banner_02.gif  
 
Category: 小説

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。