--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2009/04/11 Sat
アーユルヴェーダ美人道アーユルヴェーダ美人道
(2006/05/24)
たかの 友梨

商品詳細を見る


アーユルヴェーダについて知りたかったときに出会った
エステで有名な美容家、たかの友梨さんの本。

表紙と巻末のサロンレポートこそ安野モヨコさん。
本文のイラストは別の方が書いていて
もっとほんわかした感じ。
雑誌のデトックス特集で見たことがあるような雰囲気。

内容も雑誌で読んだことがあるようなことが大半だけれど
アーユルヴェーダの基本的なことがわかりやすく書かれていて
入門書としては最適だと思う。

「美人道」というタイトルではあるけれど
美容だけでなく、健康の面においても細かく書かれていて
とても参考になった。

タイプ分けで導かれるのはカラダの特徴だけでなく
性格や行動のタイプにもかかわってきていて
世界最古の伝統医学といわれるのもわかる気がした。

アーユルヴェーダの基本はデトックス。
自宅で気軽にできそうなマッサージを中心に掲載されている。
ぜひ実践してみたいと思った。

実践だけでなく継続も必要なのだけれど。


★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: 実用書
2009/02/25 Wed
デジカメに1000万画素はいらない (講談社現代新書)デジカメに1000万画素はいらない (講談社現代新書)
(2008/10/17)
たくき よしみつ

商品詳細を見る


最近は携帯電話のカメラでさえ500万画素を越えている。
何年か前はデジカメでさえ
せいぜい200万画素くらいだったのに。

携帯電話で撮る写真はプリントをするわけでもなく
そのまま携帯に保存して待ち受けにしたりするか
メールに添付して誰かに送るか
あとはブログにアップするぐらいなものだと思うのだけれど
それで500万画素なんて絶対にいらない。

…というのは新しいデジカメが出るたびに思うこと。

そしてこの本のタイトル。
「デジカメに1000万画素はいらない」って、
たしかにそう!必要ない!と思わずにはいられない。

商業ポスターなどでA2サイズくらいにプリントするならともかく
そんなサイズにプリントすることなんてありえない。
プリントすること自体がめずらしいくらいだし。

わたしはデジタル一眼レフを使っているけれど
この本を読んでいたらコンパクトデジカメが恋しくなってきた。
しかもちょっと昔の画素数がそんなに大きくないやつ。

そういえば、レンズ部分と液晶部分が回転するようになっていて
液晶を見ながらいろんなアングルで撮れたカメラが
今はまったく見なくなってしまったことにも気づかされた。
たしかにあれは便利だったんだけどなぁ。

画素数が大きい=画質がきれい、というわけではないことを
もっともっと知ってもらいたい。

初心者向けの本のようでありながら
専門用語がたくさん出てくるので
どちらかというとある程度の知識のある人向けかも。


★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 実用書
2008/12/03 Wed
カメラの楽しみ―写真がもっと好きになる道しるべカメラの楽しみ―写真がもっと好きになる道しるべ
(2008/01)
柳沢 小実

商品詳細を見る


デジタル一眼レフを手にしてすぐ
「かわいい写真が撮りたい!」という一心で
衝動的に買った本。

パラパラとめくるだけだったのだけれど
あらためてじっくり眺め返してみた。

そしたら、写真のほとんどがフィルムカメラであることが判明。
しかもコンパクトカメラやトイカメラやポラロイド。
わたしが撮りたい「デジタル一眼レフ」じゃない。

この本を買った頃はそんなことも何もわからず
ただ「写真を撮る」ということに惹かれていたんだな、と
妙なノスタルジーを感じてみる。

女性や初心者でもわかりやすい写真の本を、というコンセプトで
作られた本のようなのだけれど
実践的なレッスンのようなものはあまり載っていない。
「写真は技術よりセンス」と本文中にも書かれているとおり
その「センス」をちょっとした工夫でどう活かすかが書かれている。

カメラの実用書というよりも
ちょっとした写真集という感じかも。


★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 実用書
2008/12/01 Mon
たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」
(2008/11/22)
松宮義仁

商品詳細を見る


わたしのまわりではマインドマップを使っている人が多くて
わたしも本を読んでみたものの、挫折というか
そもそもなぜか書く気にならず。

でも何かいい方法がないかと思っていたときに
偶然、書店で目にした本。

A6ノート(見開きでA5)というノートに小さなマップを書いて
思考を整理するというもの。
個人的にはかなりヒット。

トニー・ブザン式の正式なマインドマップを習得している人は
こんなのマップとはいえない!というだろうけど
逆にいえばわたしにはあんなカラフルなマップは書けないし
逆に書こうという気にもならなかったりするので
これくらい大雑把なほうが気がラクでいい。

ただ、A6のノートを見開きで使うために
メインテーマがちょうどノートの真ん中の綴じ部分にきてしまうのが
ちょっと残念かなぁ、と思う。
だったらA5のノートを横にして使ったほうが書きやすいのでは?と思う。

ある程度の雛形も載っているので、ぜひ書いてみたい。
特に読書マップと、目標達成マップは興味津々。

まだ実際には書いてないけど
少なくともマインドマップよりは「書いてみようかな」って気持ちが
かなり強い。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ いろんなことができてしまう便利さは
  かえって「発想力」にブレーキをかけてしまうことがある。
■ まずは「難しく考えないこと」がもっとも重要なこと。
■ 目標に向けて実行ができないのは、実はその「目標」と思っているものが
  「目標」になりきれていないケースが多いから。


★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 実用書
2008/10/31 Fri
本当に頭がよくなる1分間勉強法本当に頭がよくなる1分間勉強法
(2008/08/22)
石井 貴士

商品詳細を見る


1冊の本を1分間で読むという勉強法。
さらにその内容を重要度に分けた色別のシートにまとめて
それを何度も復習することで脳に定着させるというもの。

右脳を使うとか、ソフトフォーカスで見るとか、字を追わないとか、
印象としてはフォトリーディングに近いかも。

フォトリーディングができるわけではないのでなんともいえないけど
どこまで内容を理解できるのかはちょっと疑問。
フォトリーディングとちがって、自分の直感を頼りに
「ここは重要そうかも」というところを感じ取っていくらしい。

短時間で何度も、という脳へのアプローチは納得だけど
それを直感に頼るあたりが微妙かも。
あとは「1分」というタイムリミットを設けることによって
脳を活性化させるという意味もあるのかもしれない。

やってみないことには本当かどうかわからないので
だまされたと思ってやってみようかな。
だってこれができたら今の何倍ものスピードで本が読めるわけだし。


* 心に残った3つのフレーズ *

■ 単純に知識レベルという観点では、その分野について、
  200冊以上の本を読んでいるくらいの知識があれば、
  専門家だと言っていいというのが相場。

■ 人間の記憶は、「短い時間の繰り返し」によって太くなります。

■ 実際にやってみる人が、人生が変わる人。



★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
Category: 実用書

プロフィール

michiko

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。