--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2008/10/15 Wed
かわってゆく自分かわってゆく自分
(1998/01)
堀川 波

商品詳細を見る


もうずいぶん前、やっぱり今と同じように
なんだか「自分」というものに疲れてしまって
そんなときに出会った本。

色あざやかなかわいいイラスト(シルクスクリーン?)と
手書きのやさしくて短い文章が
心を少しずつあたためてくれるような本。

書かれている文章は本当にどれもとても短いけれど
だからこそ、その意味がすっと入り込んでくる。

ゆったりした自分になりたいとき
ベッドサイドに置いておきたい一冊。


* 心に残ったフレーズ *

■ タメになる話
  感動する話
  ビックリする話

  そんな話ができなくても
  わたし
  なまけて生きてないです



★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします

 FC2 Blog Ranking : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト
Category: 詩集
2008/09/13 Sat
スプーンスプーン
(2002/04)
林 あまり

商品詳細を見る


この著者を知ったのは
友達がひとつの短歌を日記に書いていたのがきっかけ。

あぁ、こんな歌を詠む人がいるんだな、と。

それはもう何年も前のことだけれど
ふと書店でこの本を見かけて
思わず手にとって、ながめてしまった。

愛の歌集ということになっているけれど
崇高なというよりも
もっと日常的であたりまえの風景が
短い言葉のなかにぎゅっと凝縮されていて
あたたかいけれどせつない、そんな気持ちになる。

愛はまるでスプーンのように
いろんな感情を少しずつ口移しで運んでくるものなのかもしれない。


* 心に残った3つの歌 *

■ お互いの悩みをぬぐいあうように
  額に まぶたに くちびるを置く

■ 恋人になってほしいと言われたかった
  風がすっかりつめたくなった

■ 落ち着いた男の声が流れ込み
  ぎざぎざの脳をなだめてくれる


★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。

 
banner_02.gif  
 
Category: 詩集
2008/09/05 Fri
心が晴れる はれ、ことば心が晴れる はれ、ことば
(2006/03/22)
中島 未月

商品詳細を見る


60の小さな言葉を
あたたかな五行歌とともに紹介している本。

五行歌とは、字数や音数にはこだわらず
五行で詠む歌のことで、短歌でも俳句でもない詩の形式。

そしてその五行歌とともに
心があたたかくなるようなほっこりとしたエッセイが
やさしいメッセージと共に記されている本。

しあわせを運んでくれる言葉たちは
4つのテーマに分けられているのだけれど
その分けかたも詩的で素敵。

わたしも毎日、自分がしあわせを感じる言葉に囲まれて
暮らしていこうと思った。

その言葉を発するのは自分自身。


* 印象に残った3つのフレーズ *

■「おめでとう」の心は、「ありがとう」の心

■幸せは探すものではなく、はぐくんでゆくもの

■手の中の夢は、いつもさわっているほうがいい


★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。


banner_02.gif  
 
Category: 詩集
2007/12/19 Wed
最後だとわかっていたなら最後だとわかっていたなら
(2007/06/26)
ノーマ コーネット マレック

商品詳細を見る


2001年の9.11テロのあと、チェーンメールでまわった一篇の詩。
わたしも何度か目にした覚えがある。

そのときは
「テロのときの救出作業で亡くなった消防士が生前遺した詩」
ということだったのでそう思い込んでいたのだけれど
この本の解説を読んだらそれはちがったらしい。

大切なひとに自分の気持ちを伝えること。
そのことの大切さをあらためて教えてくれる。

素直な気持ちをだいじにしたい。
その一瞬をだいじにしたい。

大切なひとに大切だと伝えて抱きしめたい。

★★★★★

---
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと押していただけるとはげみになります。
よろしくお願いします。

 
banner_02.gif  
 
Category: 詩集

プロフィール

Author:michiko
わたしが読んだいろんなジャンルの本を幅広く紹介していきます。

検索フォーム

カレンダー

01 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。